2011年01月23日

憲法と教育を守る愛知の会・1.23講演会案内

憲法と教育を守る愛知の会講演会

新自由主語と公教育
〜何が起きたか、必要なことは何か〜

講師 中嶋哲彦(名古屋大学大学院教授)

・日時:2011年1月23日(日)14:00〜16:30
・会場:愛知民主会館
(地下鉄東山線新栄駅下車、
 2番出口エレベーターを降りて南へすぐ)

・資料代:500円

主催:憲法の理念を生かし、子どもと教育を守る愛知の会
(憲法と教育を守る愛知の会)
   共同代表:榊 達雄(名古屋大学名誉教授)、
        小林 武(愛知大学法科大学院教授)
≪連絡先≫ 愛知県高等学校教職員組合気付
「憲法と教育を守る愛知の会」TEL:052-261-8155

 新自由主義的教育改革の展開は、
「改正」教育基本法において、政府に教育振興基本計画の
策定権限を与えました。
地方教育行政法の「改正」では、教育委員会の広域化の方針
や教育長の専決体制、文科省による教育委員会への管理統制
を強化しています。
また学校教育法の「改正」は、副校長・主幹教諭・指導教諭
を創設し、学校に重層的管理システムを持ち込みました。
さらにこれらの「改正」は文科省・教育委員会・学校を連続的
な評価関係にもおきました。
こうして「競争と選択と評価」を通して国家介入的な教育シス
テムが形成されてきたわけです。
「自己責任論」にもとづく「競争と管理」の教育は、この新自由
主義的教育改革をイデオロギー的に補完するものです。
他方民主党が意図している学校理事会制度の導入は、
ナショナルミニマムを放棄するものとなります。


この講演会を通して、子どもたちに豊かで人間的な成長を保障
する教育を確立するために、私たちは何をなすべきか?あるいは、
何ができるのかを考え合いたいと思います。
posted by ともに生きる社会を at 14:00| Comment(0) | 女性・子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

「朝鮮高校にも差別なく無償化を求める1.15緊急集会」案内

朝鮮高校にも差別なく無償化を求める1.15緊急集会参加のお願い
                       
    2010年12月25日
朝鮮高校にも差別なく無償化適用を求めるネットワーク愛知
 
 朝鮮高校無償化の一刻も早い実現を望むみなさん!
 「ネットワーク愛知」は、
 2011年1月15日、名古屋市公会堂第7集会室で、
 「朝鮮高校にも差別なく無償化を求める1.15緊急集会」を開くことにしました。
 年始めのお忙しい時ですが、多くのみなさんに集会参加を呼びかけます。
 
 朝鮮高校にも差別なく無償化を求める1.15緊急集会
 1.日時  2011年1月15日 (13:40開場)14:00〜16:20
 2.会場  名古屋市公会堂4階第7集会室(JR/地下鉄鶴舞線・鶴舞駅下車2分)
 3.主催  朝鮮高校にも差別なく無償化適用を求めるネットワーク愛知
  (連絡先:「ネットワーク愛知」事務局;TEL 0562‐97‐1815 FAX 0562‐97‐6419)
 4.資料代  500円
 5.<集会プログラム予定>
   ・来賓あいさつ
   ・サムルノリ、詩・短歌等の朗読
   ・状況報告
   ・アピール・意見交換
   ・決議文採択など
  
 <集会参加の呼び掛け>
 私たち「朝鮮高校にも差別なく無償化適用を求めるネットワーク愛知」は、
 2010年3月以来、朝鮮学校にも差別なく高校無償化が適用されることを求めて、
 愛知朝鮮高級学校の生徒たちと共に、何度も、署名活動、街頭宣伝、学習会、
 多くの市民集会でのアピール、政府・文部科学省への無償化要請活動などを行ってきました。

 文部科学省は、2010年11月5日、
 2010年4月に施行された「高校無償化」の朝鮮学校生徒への適用基準について、
 教育内容は問わずに、日本の専修学校と同等の基準で制度的・客観的に審査する
 と決定しました。同決定に従い、無償化審査の申請期限が11月30日と定められ、
 愛知朝鮮学校を含む10校すべての朝鮮学校が申請書を文部科学省に提出しました。
 
 ところが、11月23日に起きた大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国との砲撃戦を受けて、
 菅直人内閣総理大臣は11月24日、文部科学大臣に対し、
 朝鮮学校への無償化制度適用プロセス停止の指示を出し、文部科学省は、現在、
 無償化制度の適用プロセスを停止しています。
 
 今回の無償化プロセス停止は、市民への人権侵害を防止すべき立場にある政府自ら、
 率先して外交問題と特定民族学校の生徒を結びつける差別行為を容認したことを意味します。
 よって、私たちは、政府及び文部科学省に対し、
 朝鮮学校への無償化プロセス停止を即時撤回し、
 文部科学省が定めた朝鮮学校への無償化適用基準に従い、
 すみやかに朝鮮学校生徒への「無償化法」適用を最終決定することを強く求めます。

 以上のような事情により、「ネットワーク愛知」として、
 集会準備期間もない中ではありますが、
 急遽、1.15緊急集会を開くことにしました。
 お忙しいこととは思いますが、
 多くのみなさんが1.15緊急集会に参加されますよう心からお願い致します。
posted by ともに生きる社会を at 14:00| Comment(0) | 女性・子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。