2010年09月19日

笹島診療所・市民フォーラム 2010 のご案内

-------------------------------
笹島診療所・市民フォーラム2010

精神科医からみたホームレス問題
-------------------------------

【と き】2010年9月19日(日)13:30〜16:30(開場13:15)
【ところ】中部大学名古屋キャンパス(三浦記念会館)6階大ホール
     JR・地下鉄鶴舞駅より徒歩5分
    (下階は中部大学技術医療専門学校)
     http://www.chubu-jr.ac.jp/gaiyou/index-m2.html
【参加費】無料(どなたでもご参加いただけます)
【主 催】笹島診療所

【プログラム】
○講演「精神、知的障がいと路上生活化〜現状と支援のあり方について」
 講師:森川すいめい氏(国立病院機構久里浜アルコール症センター)
○笹島診療所の活動紹介

【講師紹介:森川すいめい氏】
 精神科医兼鍼灸師。独立行政法人国立病院機構・久里浜アルコール症センターに勤務し依存症患者等と向き合いつつ、埼玉の病院で緩和医療を行う。2003年にホームレスを支援するNGO 「TENOHASI(てのはし)」を立ち上げ、08年NPO法人化し代表として東京・池袋で炊き出 しや医療相談などを行う。09年世界の医療団東京プロジェクト代表就任。他にアジアやアフリカを中心に約40カ国バックパッカーをしてまわる。

【講師から皆さんへ】
 池袋での2008年、2009年に行いました、路上生活者の精神および知的障がいについての調査結果をご報告するとともに、その結果から見えてきた現状や支援案についてご紹介致します。
 約20年間路上生活をなさっていたあるご高齢の方がいらっしゃいましたが、その方はずっと生活保護を勧めても断っていました。「集団生活が苦手だ、俺は神経質だからしょうがない。」と何年も仰っていたのです。しかし、身体はどんどん弱っていきました。あるとき、精神科医の診断によって「知的障がいのうちの聴覚過敏という特性」があることがわかりました。障がいゆえに、個室でないと絶対に眠ることができないという特性でした。個室保護となる支援をしますという一言と精神科医の診断書によって、70代のその方は生活保護を受ける決心をなさいました。
 ある精神疾患を抱えた元路上生活の若い方が、「路上生活というレッテルに精神障がい者というレッテルを貼られた」と怒っていた支援者の声を聞き黙っていました。「精神障がい者はレッテルなのですか?」と仰っていました。大事なことは、すべて時代や状況に依存した状態であって、レッテルではないということです。必要な支援を受け、平等に生きられることを目指さなければなりません。

【問合せ先】
笹島診療所
名古屋市中村区則武2-8-13 笹島労働者会館3階
TEL 052-451-4585 E-mail cl.4sima@fancy.ocn.ne.jp
開所時間:火曜・金曜9:30〜12:30
URL http://www4.ocn.ne.jp/~sasasima/
posted by ともに生きる社会を at 13:30| Comment(0) | ホームレス・野宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

2010年夏・追悼集会と笹島夏祭りのご案内

●追悼集会
日時:8月12日(木)18時〜18時50分・集会後に炊き出し
場所:若宮大通り公園ゲートボール場(月・木の炊き出しの場所です)

この一年で30人以上の仲間が亡くなりました。みなで追悼します。
15時より会場設営をします。

●笹島夏祭り
日時:8月13日(金)15時-20時30分
場所:中村区則武公園

■夏祭りタイムテーブル
9時 会場設営開始
15時 スイカ割り、ビンゴゲーム、カラオケコーナー、散髪コーナー、衣類バザー、飲食物販売コーナー(激安です)など多数出展
18時 共同炊事による炊き出し(ふるまい酒による乾杯)
19時 ビデオ上映、ひらき座上映
20時 盆踊り

例年、15時より前にも人がたくさん来ています。
8月13日が雨天の場合は14(土)に延期します。14日が雨の場合は中止。
ゴミの分別に協力お願いします。車を公園の周辺には駐車しないでください。ケンカもなしでお願いします。
後片付けは夏祭り翌日の9時からの予定。

主催:2010年夏祭り実行委員会052-451-2525
posted by ともに生きる社会を at 18:00| Comment(0) | ホームレス・野宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

●見て!知る!朝鮮と日本の100年間 映画上映会●

日時:2010年8月7日(土) 開館10:15 閉館17:00
場所:YWCA4階(403)名古屋「栄」地下鉄5番出口東へ2分

前売券 一般 1000円 学生 700円  
当日券 一般 1200円 学生 1000円 
※1回の鑑賞分です。「通し」も「途中入出場OK」です。
※中学生以下無料です。
 
【プログラムと上映時間】
『日韓併合への道』ドキュメント   10:30〜
1910年(明治43年)8月29日、この日、大韓帝国の名前は世界地図から消えることになる。
いわゆる韓国併合であり、日本による本格的な朝鮮半島の植民地支配の始まりであった。
両国の歴史的認識の違いはどこから起こったのかがはっきりするのではないか。

『朝鮮半島植民地支配の実態』ドキュメント   11:25〜
日本と韓国・北朝鮮との間には、未解決の問題が多く残されている。強制連行、従軍慰安婦、
B・C級戦犯問題などである。朝鮮半島を植民地支配をした日本は土地を奪い、皇民化教育
により言葉・名前さえも奪った。朝鮮の民族性を完全に否定した植民地支配は、どういうもの
だったのか

『朝鮮戦争』映画 13:00〜       
1950年から3年半にわたり、朝鮮全土が戦場となった国際戦争。この悲劇により朝鮮は南北
二国に分断された状態のまま、今も停戦状態が続いている。日本の戦後復興の足がかりとなり、
アジアの軍事緊張の原因ともなっている。

『ウリハッキョ(私たちの学校)』14:00〜
北海道朝鮮初中高級学校での日常を描いたキン・ミョンジュン監督のドキュメンタリー映画
(2006年釜山国際映画祭雲波賞受賞作品)

主催:「韓国併合100年」東海行動 実行委員会
【問合せ先】名古屋市昭和区鶴舞3-8-13労働文化センター2階 (052)731-7571
posted by ともに生きる社会を at 10:15| Comment(0) | 在日外国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

アイヌ民族の現在のお話と、料理を楽しむ集い「意外と身近なアイヌ民族」のお知らせ

第8回 たぶんか広場が開催されます。

「たぶんか広場」は、色々な国の文化や食に触れ、大いに語り、異文化体験をする軽食付きの講座です。
今までに韓国、北朝鮮、ミャンマー、イギリス、フィリピン、ブルガリア、中国、沖縄などを巡りました。

さて、今回は・・・・

「意外と身近なアイヌ民族」 

日本政府は、アイヌの人たちを「先住民族」だと2年前にやっと認めたのですが、それがどういう意味なのかもあまり知られていません。
いまでも北海道にしかいない、クマを捕っている、などと思われがちですが、日本中のどこにでも住んでいます。
アイヌの人たちは、どのような生活をしているのでしょうか?
なぜ、「いないようにみえるのか」などについても、「名古屋出身」のEsamanさんにお話を聞きしましょう。
アイヌ料理(オハウ・コンブシト)も作る予定です。

<内容> 「意外と身近なアイヌ民族」

<日時> 7月9日(金)午後7時〜8時半

<お話> Esamanさん (なごやアイヌ語に触れよう会)

<会場> 日本聖公会 名古屋聖マタイ教会 ホール
(地下鉄「鶴舞線・桜通線」御器所駅下車4番出口南下 名古屋柳城短期大学北隣)

<会費> 1,000円 (食事代は含まれますが、ドリンクは別途お支払ください)

★7月5日(月)までに、お申込みください。

<主催・申込>日本聖公会中部教区センター
466-0034 名古屋市昭和区明月町2-28-1
TEL 052-858-1007 FAX 052-858-1008
posted by ともに生きる社会を at 00:00| Comment(0) | 貧困問題全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

学習会 ILOの活用法を学ぶ

日時:7月4日(日) 13:30〜16:30
講師:牛久保秀樹弁護士

 日本は、同一価値の労働に対する同一報酬の原則であるILO100号条約を批准しているものの男女の賃金格差は一向に縮小しません。今の格差社会ほど、ILOの基本理念であるディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)が求められているときはありません。昨年、男女の均等待遇実現の運動をしている仲間が男女賃金差別の裁判闘争後にILOに提訴しました。このように、日本の司法判断の限界を実感した人たちが直接、国連やILOに訴える事例が増えてきました。私たちは、労働法の教本であるILO条約を国内法に反映させる運動を進めたいと思っています。そこでこの度、「ILO条約の批准を進める会」代表の牛久保弁護士を講師にお招きすることにしました。ぜひご参加ください。

主催:ワーキングウーマン
場所:ウィンクあいち(名古屋駅から東に徒歩5分) 小会議室1206
     旧中小企業センター
参加費:500円(WW会員は無料)
posted by ともに生きる社会を at 13:30| Comment(0) | 女性・子ども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

6月28日(月)貧困ビジネスを告発する「S工業訴訟」の傍聴を!

 ホームレス等の生活困窮者を対象に宿所を提供する代わりに生活保護費から高額の
費用を徴収して利潤を上げる「無料低額宿泊所や無届施設」の運営実態が「貧困ビジ
ネス」として社会問題となっています。
 Aさんら原告3名は、いずれも人材派遣会社S工業の運営する無料低額宿泊所(そ
の前は無届け施設)の元入居者で、今年2月9日にS工業に対して損害賠償などを求め
て名古屋地裁岡崎支部に提訴しました。
 6月28日(月)3回目の裁判(口頭弁論)が岡崎で開かれます。

 6月28日(月)1時10分、名古屋地方裁判所岡崎支部 303号法廷(集合1時)。
 終了後、弁護団から口頭弁論について説明などをしてもらいます。

 6月28日(月)貧困ビジネスを告発する「S工業訴訟」の傍聴を!
続きを読む
posted by ともに生きる社会を at 13:10| Comment(0) | 貧困問題全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

愛知県ユニオン共同行動にご参加を

6月29日(火)、愛知県の地域ユニオンが共闘し
一日行動を行ないます。

広く市民のみなさまのご参加を呼びかけますので、
よろしくお願いいたします。
一部参加も歓迎です。


6月29日(火) 愛知県ユニオン共同行動

責任者:酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)

11:00 名鉄新安城駅現地集合

11:30 株式会社チャーターズカンパニー申し入れ行動
    (愛知連帯ユニオン)
    愛知県安城市篠目町二タ又45−4
    電話:0566-76-5124

12:30 カリツー株式会社本社前抗議行動(違法派遣・直接雇用問題)
    (名古屋ふれあいユニオン)
    愛知県安城市三河安城町1−4−4(最寄駅:JR三河安城駅)
    電話:0566-73-5600

15:30 技研フォーム株式会社前抗議行動(不当解雇)
    (名古屋ふれあいユニオン)
    愛知県名古屋市緑区鳴海町京田137(最寄駅:名鉄鳴海駅)
    電話:052-623-3959

18:00 トヨタ・ミッドランドスクエア前共同宣伝行動
    愛知県名古屋市中村区名駅4−7−1(最寄駅:名古屋駅)
    電話:052-552-2111
posted by ともに生きる社会を at 02:55| Comment(0) | 貧困問題全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。